Hana's Diary

"HSP(繊細さん)" Hana -花-の雑談日記です。何気と無いことですが、書き綴っていきたいと思います。

将来のことについて考える

みなさん、おはようございます。

今日も、「繊細さん」のお話の続きですが、(本の内容とは違います)「私自身のことについて」の考えを書きたいと思います。繊細さんは周囲を気にしすぎたりして、自分の思いを打ち消してしまう傾向がありますよね。私、そのタイプなんです。

ということで、、、今日は思い切って、自分のことについて整理して見たいと思います。

 

これまでの私

これまで、私は
・周囲に困っている人がいたら(助けを求められなくても)手助けをしている
・誰もがやらないことに対して(結局やる羽目になると思って)私がやっている
・相手が困らないように・・・と思って、つい手助けをしてしまっている
などのように、繊細さんの特徴そのものをずっとやっています。

今でもまだその習慣は捨てきれていないみたいですので、過去形にしていません。

だから毎日、疲れ果てちゃうんですよね・・・。

 

私が考える本音

私がずっと考えている本音は、
・娘たちが独立したら、1Kみたいな生活をしたい
・今の会社は、長くても60歳の定年までしか考えたくない(雇用延長は断る方向)
・やりたい仕事はあっても、それはそれでストレスになりそう(バスの運転手が夢)
なんです。

今の家は5LDKの一軒家です。娘たちが出てしまい、養父と養母が亡くなったら、私、1人で5LDKの家・・・という状態です。空き部屋があれば、自然と物が増えるのが一般的かと思いますが、折角ならば、リフォームをする等をして、1人住まい用(+娘たちが宿泊に来ても耐えられるような構造)に減築(リフォーム?イノベーション?)してもいいかな?なんて思っています。住宅ローンは残念ながら65歳まで続きますので、途中で手放せば、きっとローンだけが残ってしまうと思います。(最終的に、定年退職金で残額を全て払っちゃって60歳で完済させちゃうと思いますけどね。)

そして、今の会社には、60歳の定年で離れることは結構前から決めています。どう考えても、同じ仕事量であの膨大な責任の重さの状態であっても、再雇用後はのんびりと仕事をしている人と給料が同額、しかも今の半分以下なんて考えられません。それに、今の会社は、大卒者大優遇組織なので、私なんて肩身が狭すぎて、あと15年半いるのがやっと・・・だと思います。であれば、定年後は別の会社で、地道に働いたほうが楽しくやっていけるような気がしています。

 

思うこと

今の仕事が適職かどうかは、正直分かりません。ただ、45歳の直前で正社員としての転職はもう無理だと思っています。ということは、定年退職の60歳まで我慢するしかありません。我慢は続かないと思いますので、可能な限り、手の差し伸べをする等の行為は控え、原則、自身のことにだけに集中していこうと考えています。(役職上、どうしてもそういう形は取れない面もありますが、可能な限り・・・。)そして、助けを求められたことにだけ対応してあげるというスタイルを維持していきたいと思っています。

プライベートの面では、おそらく、娘たちは独立したら私を頼らないでしょう、きっと。2人とも将来的には一人暮らしをすると言っていますので。であれば、残された環境の持て余しをすることが無いような形にして、1人であっても残りの人生を楽しく生きられる、1人であっても家ではリフレッシュできるような構造に変えていこうと考えています。(具体的なことは全く考えていませんが・・・。)

ただ、気になるのは養父と養母が残すであろう、たくさんの物品の処分ですかね・・・。買ってきては1回で飽きて放置・・・というような健康器具や椅子、家電製品が盛り沢山な状態です。この処分の方が、気が重たく感じています・・・。